スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
白いカーネーションに涙・・・
今日は私が幼稚園の頃のお話です。
(母の日が近くなると必ず思い出します)

母は私が幼稚園の2年間、ず~っと入院生活を送っていました。

その時、幼稚園で「母の日のプレゼント」として折り紙でカーネーションを作ることになりました。

先生が「お母さんがいない人は白いカーネーションを作るのよ」とわざわざ説明してくれていたので、私は母が家にいないから迷わず白いカーネーションを作りました。

後日、父親とお見舞いに行ったときにその白いカーネーションを母にプレゼントしました。
母がなぜ白いカーネーションなのか私に尋ねたので
「お母さんがいない子は白いカーネーションを送るんだって先生が言っていたからって答えました。

それを聞いた母は泣き出し
「ごめんね、ごめんね・・・」
と何度も言って私を抱きしめました。


そのときはなぜ母が泣いたのかわかりませんでした。


幼稚園の頃の数少ない記憶のひとつです。

 ←応援してね
2006/05/01(Mon) | 懐かしいこと | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
コメント
--涙です--

朝から泣いてしまいました。

お母様の気持ちがわかる気がします。

ダイバダッタさんもそんな小さい時期に、
お母様と離れて暮らしていたなんてきっと寂しかっただろうな。

子供を持つ親としていろいろな思いがこみ上げてきて、
ダイバダッタさんのブログに涙しています。

すみません・・・ちゃんとした文章になってませんね。
by: さとゆみ * 2006/05/02 09:39 * URL [ 編集] | page top↑
----

泣ける思い出ですなー・・。
私も幼稚園の時、母が長いこと入院してました。
おばあちゃんの家に預かってもらってたのですが、私がわがままを言った時に「お母ちゃんがいてたらなー」とおばあちゃんが泣いていたのを覚えています。
あの時はわがままな私でも、正直「ごめん・・」な気持ちになりましたね。
by: ももいろサンゴ * 2006/05/02 20:34 * URL [ 編集] | page top↑
--母がいないとき・・・--

さとゆみさんへ
母がいなくて寂しいときはレコード(このあたりが年齢を感じさせる)を聞いていました。ステレオじゃないやつ。針も自動じゃなくて手で下ろすやつよ。おかげでレコードはキズだらけだったv-411。幼稚園児の頃だったからねー。それを見かねた父がでっかいステレオ買ってくれたんだけど、それと同時に母が退院したのですっかり聞かなくなっちゃったなんてこともありました。
おばあちゃんがその姿を見ていられなくて父に言ったようだ。

ももいろサンゴさんへ
ももいろサンゴさんもですか~。
私は父方のおばあちゃんと母方のおばあちゃんが交代で来てくれていましたが、母方のおばあちゃんは青森からだからそうそう来れなくてね~。結局はお手伝いさんが来てくれていました。何人も代わっていたところをみると、男兄弟3人だったからかなり大変だったんだと思うよv-411
by: ダイバダッタ * 2006/05/03 22:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://padi.blog49.fc2.com/tb.php/124-e59141f2
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。