私はいつ甘えればいいの・・・長女の心の叫びでした・・・
最近のみーちゃんは、毎日夜更かししすぎです。

どんなに寝かそうとしても寝ようとしません。

いや、眠いはずなのに寝ないんです。

さすがに怒ってしまいました。


こら!毎日12時近くまで起きていてダメじゃないか!

早く寝なさい!



すると


だって、ツッチーが寝てからじゃないと、ママに甘えられないじゃないかー!

だから、一生懸命眠いのガマンしてママがお風呂から出てくるまで起きてるんじゃないかー!

それなのに早く寝ろって言われたら、いつママに甘えればいいんだよー!








大きな声でした。








心の叫びでした。






まだツッチーは生まれて2週間。

ママはどうしてもツッチーの世話に追われます。

だからパパがみーちゃんの相手をしてあげようと

なるべく早く帰ってきてお風呂に入れて遊んであげたり

寝かしつけのときはお話してあげたりしていたんですが

どうしても、ママに甘えたいんですね。



ツッチーが生まれてから急にママに甘える時間が減っちゃったもんね。

ママがツッチー担当でパパがみーちゃん担当みたいになっちゃってたもんね。



このことを妻に話したら涙を流していました。

私も涙が出そうになっていました。



みーちゃん

明日は久しぶりにママとお風呂に入りなさい。

そしてたくさん甘えるといいよ。

今まで本当に泣き言言わずにがんばってくれたよね。

ありがとう。

これからもちょっとさみしい思いをさせちゃうかもしれないけれど

遠慮しないで甘えなさい。

パパも出来る限り早く帰ってくるからさ。


2007.9.12.jpg

みーちゃん、立派なお姉さんになったよ!


 ←よかったら応援クリックお願いします。
2007/09/13(Thu) | 家族のこと | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

ストレートに言葉に出てくるもんですね・・・



うちもみーちゃんと同じ5歳、サーちゃんとの間にはコーちゃんもいて、はっきり言って甘える事は許されていません。
その反動が言動に出ているのは分かってはいるんですが、自分の気持ちを言葉でうまく伝える事もできないので、つい見てみぬふりをしてしまいます。

せめてみーちゃんみたいに素直に言葉に出てくれれば分かりやすいんですが・・・

時間を平等に使うのは難しいですが、少しでも淋しい思いをしないようにしてあげたいものですね。
by: ふふふ。。 * 2007/09/13 23:02 * URL [ 編集] | page top↑
--ふふふ。。さんへ--

うちの娘は結構言いたいことを言ってくれますね。
ママには言わないでパパに言ってくるようです。
~じゃんかーv-293
とか
~じゃないか~v-293
が決まり文句ですv-406
でも最近、野獣化して言葉ではなく
雄叫びになっていますv-393
甘えたいのに甘えられないと野獣化します。
私はなるべくみーちゃんに重点をおいて
見てあげるようにしていますv-410
by: ダイバダッタ * 2007/09/16 00:00 * URL [ 編集] | page top↑
--いずこも同じ...--

みーちゃんはおねえちゃんな分、
がんばってるな~って思います。
ウチのLULUはまだ2歳、
普段は可愛がってあげてるのに、
急に下の子が遊んでるおもちゃを取り上げてしまったり...
「もう、ダメでしょぉ!」
 (っておいおい、何がダメなんだよ?)
ホント難しいです。
 “赤ちゃんはなだ何にも分からないけど、
  上の子のことをかまってあげなきゃダメだよ”
周りのひと達から散々言われました。
上の子~父、下の子~母、
担当も・・・やっぱりそうなっちゃいますよね!
「LULUが赤ちゃんのときも、
 同じ用にしてあげてたんだよ。」
って言い聞かせたりしてます。
来月は、
LULUが行きたがってる
名古屋港水族館へ連れて行ってあげる予定です。
そのときは、息子よ、
お前も付き合うんだぞ。
by: HAL * 2007/09/16 19:18 * URL [ 編集] | page top↑
--HALさんへ--

そうなんですよね~。
なるべく上の子をかまってあげないとすねるんですよね~。
最近急に上の娘のグズリがひどくなっているんです。
かまってほしいし、甘えたいしでグズッてしまうようです。
by: ダイバダッタ * 2007/09/17 15:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://padi.blog49.fc2.com/tb.php/372-7eabc0e6
前のページ ホームに戻る  次のページ