スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
「突発性拡張型心筋症」という難病で心臓移植が必要です。
余命が年内と言われているそうちゃんには

一刻もはやい手術が必要です。



そうちゃんはツッチーと2日違いで生まれた男の子。
「突発性拡張型心筋症」という難病で
余命年内と診断されたそうです。
小さい子供が国内で心臓移植手術を受けることはできません。
しかし、海外で手術をするためには莫大な費用がかかり
個人ではとても用意できません。
そうちゃんの命を救うために
11月末までには目標金額を達成を目指しています。

どうかみなさんのお力を貸していただけないでしょうか。


「そうちゃんを救う会」の公式ホームページはこちら
http://www.sou-chan.net/index.html


よろしければ、みなさんもリンクなどで
告知のご協力をお願いします。


全世帯へ給付金を配るくらいなら
こういった命を救ってほしいです・・・
2兆円もあったらたくさんの命が救われます・・・

無駄な道路を造るくらいなら
こういった命を救ってほしいです・・・


私もこれから募金に行ってきます。


2008/11/16(Sun) | 未分類 | トラックバック(1) | コメント(8) | page top↑
コメント
--ご協力ありがとうございます!--

そうちゃんのこと記事にしてくださって
ありがとうございます。

私も全世帯給付金なんかより、
医療体制の建て直しや、奨学金にしてほしいと
思っています。

全世帯に給付金を配っても、まさに泡と消える
泡銭・・・。むなしいばかりです。
by: 母々屋天乃 * 2008/11/16 22:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

外国でなければ手術が受けられない現状はなんとかならないのでしょうか?
テレビ等でも特集される事がありますが、もし自分の子が・・・と思うととてもそんなお金を都合できるわけもなく、考えただけでゾッとします。
近所に募金箱が設置されている場所があったので、近々行って来たいと思います。
こういう事は本当に人事じゃないですよね。
by: ふふふ。。 * 2008/11/17 00:34 * URL [ 編集] | page top↑
----

小さな命が懸命に生きようととしている。
なんとか海外で手術できるように
少しでもお役に立ちたいと思います。



by: ☆のっこ * 2008/11/17 08:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

微力ながら募金をさせていただきたいと思います。
子を持つ親として。
うちの温も生まれて間もなく発熱し、入院。退院して安心していたら、1歳の誕生日を前にしてまた入院。誕生日を病院のベッドの上で迎え、原因もこれといってわからずに退院。と思ったら、3日後くらいにまた発熱して再入院。この頃は温が熱を出すたびにとても不安になっていました。お陰様で今ではすっかり元気になりましたが、子供が出来て自分の人生がこれほど変わるとは思いませんでした。

手術が無事に行われ、元気になってくれるよう願っています。
by: 第2次長 * 2008/11/17 11:48 * URL [ 編集] | page top↑
--母々屋天乃さんへ--

私なんかのブログでも役に立てればうれしいです。

ほんと今回の定額給付金は白紙撤回でもいいので
もっと有効な使い方をしてほしいですね。
医療制度の見直しとかも必要な課題ですよね。
病院の受け入れ拒否のニュースが流れるたびに
今手を打たなければ手遅れになるぞ!!!
という気持ちでイライラしてしまいます。
とにかく、お金さえあれば救える命なら救ってほしいです。
by: ダイバダッタ * 2008/11/17 22:54 * URL [ 編集] | page top↑
--ふふふ。。さんへ--

法律の問題も解決してほしい課題ですね。
国内で手術できないから海外に行かざる得ない。
結果莫大なお金がかかる。
個人ではどうしようもない。
不治の病ではなく手術さえできれば救えるのに
お金の問題で救えない。
この現状をなんとかできないのでしょうか。
みーちゃんも心臓に穴が開いていると言われました。
心臓移植が一瞬脳をよぎりました・・・。
今は元気でなんともありませんが
ひょっとしたら私自身も他人に頼るしかなく
募金のお願いをしていたかもしれません。
なんとか少しでも多くの人たちにも知ってもらい
そして協力の輪を拡げて行きたいです。
ご賛同いただきありがとうございました。
by: ダイバダッタ * 2008/11/17 23:04 * URL [ 編集] | page top↑
--☆のっこさんへ--

本当に無事に治ってほしいです。
そうちゃんがうちのツッチーと2日違いで
しかも同じ横浜市に住んでいるということから
余計に想いが入ってしまいました。
ご賛同いただきましてありがとうございました。
またブログにおじゃまさせてくださいね。
by: ダイバダッタ * 2008/11/17 23:20 * URL [ 編集] | page top↑
--第2次長さんへ--

ご賛同いただきましてありがとうございました。
そうですね、私も子供ができて人生が変わりました。
一生独身の方が気楽でいいとずーっと思っていましたが
今は妻と子供達に感謝しています。

私も息子が喘息だと言われただけでうろたえました。
吸入器を付けなければならない日々が続いたときには
円形脱毛症にもなりました。(今も残っています)
私が膠原病と言われて倒れたのも
今思えば息子の喘息を心配するストレスだったのかもしれません。
私は喘息でもこれだけ精神的にダメージを負いましたので
そうちゃんのご両親の心配する気持ちは計り知れません。
なんとか一人でも多くの人に知っていただきたいです。


by: ダイバダッタ * 2008/11/17 23:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://padi.blog49.fc2.com/tb.php/602-d435d81c
就学前健診
先日、小学校の就学前健診に行ってきました。 幼稚園でお弁当を食べ終わる頃、お迎えに行きこの日の為に用意したママチャリに乗って!! 先... *shining*wind*【2008/11/22 23:56】
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。