スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
出て行きなさい!と怒られて・・・
 1年間お寺に修行に行ってきなさい!

って怒られて書いたみーちゃんの反省文です。


20100606 1


2010/06/06(Sun) | 子供のこと | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
コメント
----

みーちゃんは無事お寺へ出発したでしょうか?。
本気で行ってしまいそうな反省文ですよね。
それにしてもみーちゃんは字がお上手ですね。
びっくりしました。
書道かなにかやってるのですか?。
by: ikko * 2010/06/07 08:43 * URL [ 編集] | page top↑
--ikkoさんへ--

親が本気だったので
観念して本当に行くつもりだったと思います。
泣きながら着替えをリュックに詰めていました。
座禅体験とか小学生の修行姿が出ている
お寺のホームページなどを見せたので
親が本気であると思ったと思います。
いや、本当に預かってもらえるなら
預けたいと本気で思っていますよ。
夏休みだけでも修行させたいですね。
by: 迫る初夏 * 2010/06/07 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
----

僕も近所で座禅体験やってるお寺を調べたことあります。
みーちゃんのようにリュックに荷物つめて
なんてとこまではいってないですが
何度かお寺へ預けるという話をしたこともあります。

この手紙を自主的に書いたというだけで
みーちゃんはえらいなぁと思ってしまいます。

いつまでも残しておきたい宝物ですね!
by: 温厚パパス * 2010/06/09 20:46 * URL [ 編集] | page top↑
----

今度めめが何かとんでもない事をしでかしたら・・
「寺で一年間修業してこい!」
と、言ってみようと思います。
はたしてヤツはどんな反応をする事やら・・
そう言えばめめパパは子供のころよく親に
「寺へ預ける!」と怒られた事を思い出しました
親は半分くらい本気だったようですが・・
反省文を見ると、それを書くみーちゃんの気持ちが
伝わってきますね
by: めめパパ * 2010/06/11 21:42 * URL [ 編集] | page top↑
--温厚パパスさんへ--

いつまでも大事にしますよ(笑)
着替え等はリュックに詰めたままにして
いつでも出て行けるように玄関前に置いて置く事にしました。
パパは結構本気なのでした。
by: 迫る初夏 * 2010/06/11 23:18 * URL [ 編集] | page top↑
--めめパパさんへ--

めめちゃんがお寺に修行に行かなきゃいけないこととかするんですか?
うちの娘は毎日なので本当に修行させたいですよ。
リュックはいつでも追い出せるように玄関に置きっぱなしにします。
by: 迫る初夏 * 2010/06/11 23:29 * URL [ 編集] | page top↑
--とーちゃん怒り爆発!(かーちゃんも)--

毎日色んなことやってくれます(泣)
宿題や食事やお片づけやあれやこれや・・ですね。
ただ、めめはお寺よりも
保育園からお世話になっている学童保育の、
元警察官という異色の男性園長先生が
とても厳しい方で、
「園長先生の家でしばらく合宿してこい!」
と叱ると大泣きします。
本当はとても情の厚い、やさしい先生なので
めめも大好きなのですが、
子供達を遠慮なく、本気で叱るので、
めめはビビってしまうようです。

by: めめパパ * 2010/06/20 21:59 * URL [ 編集] | page top↑
--めめパパさんへ--

最近、厳しい先生がいないようですね。
一昨日、授業参観でみーちゃんの授業を見てきましたが
これが授業か???
っと思ってしまう内容でした。
メリハリはないし、先生は生徒になめられてるし
授業中立ち歩いてる生徒はいるし・・・
やはり、多少の厳しさは必要ですね。
悪いことをしたら、「悪い!」とゲンコツかビンタのひとつくらい
くれてやるような教師は必要だと思いますよ。
by: 迫る初夏 * 2010/06/20 23:04 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://padi.blog49.fc2.com/tb.php/729-ae31e162
前のページ ホームに戻る  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。