早速適当に作ったアンパンマン
寝かしつけるときに本を読んであげるのって結構手が疲れますよね。それに部屋を暗くした中で読むのは、子供の目にも自分の目にも良くないですよね。そこでできた手抜きの手の本です。(本を持っているフリだけして即興で作った適当なお話をしてあげます)最近本当の絵本より喜びます。特にアンパンマンの話が大好きです。

『チーズが車を運転できるわけ』の巻き
「チーズは小さい頃は普通の4本足で歩く犬でした。でもバタ子さんに飼われるようになってから、アンパンマンを助けるためにアンパンマン号を運転することを目標に特訓をさせられました。まずは2本足で歩く練習。ほら~、みーちゃんもハイハイできるようになってから歩く練習したでしょ~。あれと同じだよー。」
「あっそうなんだー。じゃあ、チーズもカタカタ押して練習したんだね。ポポちゃんのベビーカーも押してあげたのかな~?」
「押してあげたんじゃないかなぁ。じゃあ続き読むよ。」
「誰に買ってもらったのかなぁ。」
「バタ子さんじゃないかなぁ。」
「みーちゃんは、ジャムおじさんだと思うな!」

っとまぁ、一度脱線したら戻すのが大変なのである。
2006/02/07(Tue) | 手抜きから生まれた「手の本」 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://padi.blog49.fc2.com/tb.php/8-4290c996
前のページ ホームに戻る  次のページ